2017年3月 のアーカイブ

第6回 グルコサミンの話

2017年3月16日 木曜日

今回はグルコサミンについてです。
 
グルコサミンは軟骨成分の材料となる、アミノ糖と呼ばれる物質です。
 

 
アミノ糖とはアミノ酸と糖が結びついた状態で、具体的にはグルコース(ブドウ糖)の一部(水酸基)がアミノ基に置き換えられたものです。体内ではグルタミンとグルコース(ブドウ糖)からグルコサミンが作られています。
 
自然界にはカニやえびなどの甲殻類のキチン質の主要成分として存在しており、サプリメントなどに利用されるグルコサミンは、この甲殻類を加水分解して抽出されています。
 
関節痛などに効果的な成分として様々な素材がありますが、このグルコサミンがまさに肝といってもいい中心的な成分であります。
 
体内でも合成されるため一般的にはさほど意識をする必要がありませんが、スポーツ選手のように軟骨をすり減らす運動が多い場合や、高齢者のように体内での合成能力が落ちている場合には、口から栄養素として摂取してやると軟骨の回復に役立ちます。
 
推奨摂取量も明確でありまして、約1,500㎎/日といわれています。従いまして、グルコサミンを摂取しているかいないかだけではなく、摂取している場合はどれだけ摂取しているかにも意識をもっていくといいでしょう。
 
ちなみにグルコサミンは体内ではNアセチルグルコサミン(NAG)という物質へと変化していきます。このNアセチルグルコサミンも食品として扱えますので、その場合は通常のグルコサミンの約1/3で有効推奨量とされます(500㎎/日)。
 

※画像はイメージです。


第5回 プロテインの話

2017年3月2日 木曜日

今回のサプリメントはプロテインです。
 
プロテインは基本中の基本なのですが、今でも不味い、溶けない、を筆頭に飲むと勝手に筋肉がつく、体がかたくなる、はげる、肝臓が悪くなる、運動パフォーマンスが落ちる等など、まぁよくもこれだけねじ曲げられるなと感心したくなるくらい誤解が多いサプリメントでもあります。

 

 
プロテインの一番の特長は究極の高タンパク・低脂質食品ということでしょう。
 
体の材料となるタンパク質をこれだけ効率よく摂取できる食品は他には見当たりません。少なくとも一般の食品の場合は、必ずタンパク質には脂質がセットで入っていますから、タンパク質だけを摂取するという事になると一気にハードルがあがってしまいます。
 
その点プロテインは確実にタンパク質(だけ)を摂取できる食品というわけです。
 
プロテインの原料としては、乳を原料としたホエイとカゼイン、大豆を原料としたソイに分けられます。
 
ホエイは乳清と呼ばれ、ヨーグルトの上澄み部分や牛乳を温めた時に出来る膜に含まれる成分です。牛乳の成分でいうとホエイが2割カゼインが8割の比率になります。どちらもタンパク質ですが、ホエイの方がアミノ酸組成が優れている点と、吸収が速いという点でスポーツ選手には好まれる傾向にあります。ただし、カゼインはゆっくりと吸収されるためにホエイよりも長時間にわたって体内のアミノ酸濃度を維持するというメリットありますので、商品としては「ホエイプロテイン」もしくは「ホエイ&カゼイン」という形で存在するケースが多いです(最近はカゼイン単独のプロテインは店頭ではなかなかお目にかかりません)。
 
大豆を原料したプロテインは、従来は大豆の独特の臭いや溶けの悪さが着割れていましたが、アメリカを中心にダイエット向けとして人気を博しています。
 
腹持ちがいいというのもダイエットなどに人気の理由の一つですが、大豆特有の成分(βコングリシニン)がコレステロールや中性脂肪を下げるなど、更に健康に嬉しい効果がわかってきたため一般人の健康訴求にはホエイ以上に人気があったりします。
 
以前、卵白を使ったプロテインもあったのですが、最近は市場からは姿を消しています。
 
様々な飲むタイミングが考えられますが、敢えて限定するならば、朝食後とトレーニング後でしょう。

 

※画像はイメージです。